ヒールを履いた女性

初めて熟女風俗店に行ったきっかけ

グラマラスな女性

笑われるのが怖くて誰にも言えなかった熟女への性的欲望を、初めて熟女風俗で思い切り満たしたのは、もう10年以上前になります。最初のきっかけは、会社の先輩に飲み会の後の悪ノリで連れていかれたのがきっかけでした。先輩たちは、若かった私を熟女風俗なんて嫌がると思って、面白がって連れて行った様子でしたが、私的には、こんな悪ノリならいつでも喜んで歓迎しますという気分で、大柄な先輩に肩を組まれたまま入店しました。苦手なふりをして指名もせず突っ立っていると、先輩がチョイスしたお店の中でも一番年齢が高い風俗嬢とプレイルームに入ることになりました。先輩たちは悪戯な表情で笑っていましたが、むしろラッキーといった気持ちでした。
正直、どうしていいのかわからず、いきなり貪欲なくらいに求めてしまい、驚かれましたが、生まれて始めて本音を伝えると、優しくその想いを受け入れてくれました。夢の中でしかできないと思っていた憧れのプレイの数々に溺れ、自分が熟女愛好家であることを改めて確信しました。彼女を作らずにホモ疑惑まで立てられた私が、彼女を作らない理由はここにありました。
店を出てから飲み直しとばかりに立ち寄った店で、先輩に感想を聞かれましたが、もう自分を隠すのが嫌で、正直に感想を述べると、今度は笑わずになぜか称えてくれました。熟女好きは恥じる必要のない性癖だと教えてもらいました。

Topics

TOP